今から変わる男のダンディズム

diet脂肪を落として体を絞る為にすべきこと

脂肪を落としてから運動をする

急な運動は体に支障をきたす

体を鍛えようと思ったらすぐに筋トレなどをしようと思う人も多いと多いですが、あまりオススメしません。

確かに体を鍛えて筋肉量を増やすことで代謝も上がるので効率よく体を引き締めることになります。

しかし、過度なトレーニングをしてしまうと膝や腰など不安体を動かしていることに慣れていない状況で体を動かそうとしても反動で体を痛めてしまいます。

ダイエットをしようと思ったら最初にハードなトレーニングをしてしまいがちです。

どうしても早く短期で結果を求めてしまいがちですよね。

いきなり体が劇的に変わるといっても最初の1週間や2週間ではさすがに変化は生まれません。むしろ体がいつもどおりの体型を維持しようとするのです。

筋トレをするのではなくてまずはダイエットをして体に負担が起こらないようにすることが大切です。

まずは食事制限です。

いきなり1日1食とか、夜ご飯は抜こうというようなことはしなくて大丈夫です。

普通にご飯をゆっくりと食べてお米を大盛りにしなかったり、追加でお米を食べなかったりするようにしましょう。

お酒なども毎日飲むのではなくて1日おきに飲んだり、量を減らしたりするようにして現状体型が太っている人はやはり食事量を減らすことが一番大切です。

無理に1日1食とか極端なことをしても苦痛になってしまいますし、よりストレスになって長続きしません。

ちょっとだけ量を減らすということを意識して行うようにしましょう。

さらに脂肪を減らすということで一番大切なのは有酸素運動をすることですよね。

有酸素運動で有名なのがランニングです。

靴さえあれば今すぐ出来ますから始めやすいです。

また膝などを痛めてしまうことを懸念する人は水泳などは腰や膝に負担がかからないので簡単な水中ウォーキングからはじめてみてもいいでしょう。

ジムなどに行けば用意されていますし、室内で行われるので天気を気にする必要もないのがいいですよね。

さらに朝から晩まで会社勤めだからなかなか運動をする機会がないという人は最寄り駅のひとつ前から降りてそこから歩いて帰ったり、エレベーターやエスカレーターなどを使わずに階段を使って運動不足を補うようにしましょう。

ちょっとしたことから始めていくだけで意外と大きな違いとなって現れてきます。

体重をちょっと落とすだけで体の軽さが変わってきますので是非ともまずは体重を落とすことをはじめてみるようにしましょう。