今から変わる男のダンディズム

kintore体を鍛える筋トレは3つだけに絞って徹底する

週に3回徹底する

正しいフォームで行うことが大事

男性はやっぱり逞しい体に憧れますよね。

そのためには様々な筋肉を鍛えることが必要ですが、プロフェッショナルな人ならばまだしも運動をあまりやってこなかった人からすると何から手をつけていいのか?何をすればいいのかなんていうのも分かりませんよね。

ですからあまり色々と考えずに3つに絞って行うようにしましょう。

まず一つはスクワットです。スクワットと言うのは最も一度の動作で多くの筋肉を動かすトレーニングと言われています。

体を絞るためにはとりあえず筋肉量を増やすことが最も大切です。

最も沢山の筋肉を使うということですのでスクワットは必要です。

次に行うのが腕立て伏せです。

腕立て伏せと言うと“腕”という字がつくのでどうしても腕を鍛えるものと思いがちですが、実は大胸筋を鍛えます。

この大胸筋も上半身で最も多くの筋肉を使う動作と呼ばれています。

筋トレをすると思ったらまず思いつくのが腕立てだと思いますのでポピュラーなトレーニングだと思われます。

そして最後は体の幹を鍛えるトレーニングである体幹トレーニングです。

この体幹を鍛えることで体に1本線が入ったようになり非常にかっこいい体型になります。

この3つをまずは集中的に鍛えるようしてください。

よく体を鍛えようとすると腹筋を鍛えようとする人が多いです。

しかし、腹筋は実は筋肉の量で言うとそこまで多くはありません。また腹筋と言うのは最初から割れていてそれが脂肪で覆われて隠れているだけです。

脂肪が落ちていき体が引き締まってきたら自然と腹筋が現れてくるのでまずは体の全身を絞るように意識してください。

また筋トレでやってしまいがちなのが回数を多くやれば良いという考えの人が多いです。

ですが、回数はそこまで大切なものではなくて正しいフォームを10回3セットを行うことが大切なんです。

間違ったフォームで100回200回やるのではなくて正しいフォームで筋肉を意識して行うほうが効果は高いのです。

むしろ間違ったフォームをする筋肉の負荷が逃げてしまって鍛えられなかったり、怪我の恐れが増します。

また色々なトレーニングをしたくなるかもしれません。

幅広くやるのもいいですが、きちんとした正しいフォームをまずは覚えるということが何よりも大事です。

筋トレの土台作りとしてまずはこの3つを完璧に行えるようにしましょう。

フォームなどはyoutubeなどを見ればいくらでも探すことが出来るので探して見ましょう。

回数はフォームと筋肉を意識して行うことが大切です。