今から変わる男のダンディズム

ladyfast立ち振る舞いに気をつけるレディーファーストな行動

小さいことの積み重ね

さりげなくスムーズに行うようにする

女は男の三歩後ろを歩いて行動をしろ!なんていう言葉が昔はありましたよね。男尊女卑という言葉がありましたし、今も地方なんかでは根深く残っているところも現実にはあります。

しかし、今の時代はもう逆です。

女性を大切にして女性優先、レディーファーストが当たり前の世の中になってきているわけです。女性に対して優しく接するのは当たり前ですし、女性は特別扱いをされたいものです。

普段の振る舞いからも女性を優先するように行動をするようにしましょう。

とはいえレディーファーストな行動と言うのは一つ大きなことをすれば良いというわけではありません。

大切なのは細かいケアをどんどん積み重ねていくことが大切なんです。

またレディーファーストを大げさにしてアピールをするのは露骨になってしまい、女性からもそんなあからさまにアピールしなくてもいいじゃない!って思ってしまいます。

さりげなく自然に行うことのほうが女性からしてみれば普段から優しくすることが出来る人なんだなって思えます。

女性を思いやる行動を10行ったとしたらそのうちの1つか2つぐらい気付いてもらえるぐらいの自然な気遣いをしてあげましょう。

またそういった細かいレディーファーストを気付ける女性かどうか、そしてありがとうと言える女性かどうかも男性は判断基準として持っておいたほうがいいです。

“されるのが当たり前と思っている女性”よりも“細かいところまでしっかりと理解できる女性”のほうが付き合いたいですよね。

ですから露骨なアピールではなくて細かいアピールをちょくちょくとしていきましょう。

例えば歩くスピードを普段早歩きの人はゆっくり歩くようにしたり、車道側を女性が歩いているのを見たりしているのであればやはり車道側を男性が歩いてあげるようにしましょう。

お店についたら上座に座らせてあげたり、店内が寒かったり直接風が当たっていないかを確認して風などが当たっていた場合は席を交換してあげたりしましょう。

階段を歩く時は一段下がって落ちても平気なように支えてあげるようにしたりしましょう。

ドアはしっかりと開けてあげたり最初にお店に中に入れてあげたりなど細かいケアが必要です。

そういった一つ一つの積み重ねが大事になってきます。

最初は慣れていないと自然に出来ないかもしれませんが、徐々に慣れてくれば無意識でもできるようになるので是非ともやってみましょう。

基本的にレディーファーストと言うのは女性がどうすれば楽できるのか?そしてどうすれば喜んでくれるのかを考えて行動をすれば大丈夫です。