今から変わる男のダンディズム

soup脂肪燃焼スープは男性にはあまりオススメしない理由

男性は体を鍛えて引き締めるほうがいい

女性におすすめのダイエット法

手軽に痩せられるということもあり、日本で話題になってかなりの人が実践して1週間で劇的変化をもたらしたという体験者が多いのが脂肪燃焼スープです。

この脂肪燃焼スープと言うのは医者が考案したダイエット方法で、肥満体型の患者が手術に耐えられるように、脂肪が手術が邪魔にならないようにということで開発された薬です。

この脂肪燃焼スープのすばらしいところと言うのは決められたレシピであればいくら食べても問題ないというのがあります。

1週間かけておこなうものであり、1週間後には-7kg達成したというだけではなくて肌の質も変わるような気がしたとかお通じが良くなったという人もいます。

太っていて体を動かすのも辛い!運動をするのが苦手と言う人にはうってつけのようなものです。

レシピも簡単で基本的に野菜を切って煮込むというものだけですので非常に簡単で料理が苦手な人でも出来ます。

【用意する食材】
■ホールトマト…1缶
■キャベツ…1/2個
■ピーマン…大1個
■セロリ…1/2~1本
■玉ねぎ…大3個
■チキンスープの素…1個

【調理法】
○野菜を一口大にそれぞれ適当に切る。
○大きな鍋に切った野菜を入れてチキンスープの素やホールトマトを入れて水でひたひたになるまで入れて10分程度火にかけて野菜が柔らかくなるまで煮る。(煮込む場合は、途中で減った水を足してください)
○最後に、塩、コショウ、好みに応じてカレーパウダー、チリソースなどで味付けをする。

非常に調理方法も簡単です。

脂肪燃焼スープは1週間決められた食べ物を食べます。脂肪燃焼スープだったらお腹一杯になるまで遠慮せずに沢山食べることが出来ます。

【脂肪燃焼スープのスケジュール】

基本は脂肪燃焼スープを食事の前に必ず一杯は食べることが前提です。

[1日目:スープとフルーツのみの日]
バナナ以外のフルーツは何を食べても良い。
水分は水か100パーセントの果汁ジュース・コーヒー・お茶で補う。

[2日目:スープと野菜のみの日]
豆、スイートコーンを除いた野菜で油を使わなければ野菜の調理方法は自由です。

夕食にはベイクドポテトを食べます。

[3日目:スープとフルーツと野菜の日]
スープとフルーツと野菜を好きなだけ食べても良い。

ただし、ベイクドボテトはNGなので注意してください。

[4日目:スープとバナナ、スキムミルクの日]
バナナ3本食べる。
スキムミルク適量を水で溶いて500mlにして飲む。
お水を多めに飲むようにしましょう。

[5日目:スープと肉とトマトの日]
豚肉、皮なしの鶏肉、煮魚、牛肉を350g~700g食べて良いです。
トマトは6コまで食べて良い。

[6日目:スープと牛肉と野菜の日]
牛肉の量に制限なし。
ベイクドポテトを除く野菜をは自由に食べて良い。

[7日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日]
玄米、野菜、フルーツジュース(100パーセント果汁)を飲む。

基本的なスケジュールは以上です。

人によっては全然苦じゃないという人もいれば、ものすごい辛いという人も居ます。

また基本的に何度も脂肪燃焼スープを行うのではなくて男性の場合は最初のトレーニングに入る前の1週間行うようにしましょう。

1週間でちゃんとやめるのであれば大いに賛成ですが、それ以上続けてしまうと筋肉がなくなってしまいます。

脂肪を落としても筋肉も落としてしまったらかっこいい体にはなりません。

トレーニングを始める前に行うようにしましょう。